北海道地震、台風21号の被災体験から

コラム・その他

台風、北海道地震の被災者の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。私は札幌在住で、今回、停電・断水の体験をし、現在も北海道内外への流通が滞った状態です。今回の地震は台風の直後ということもあり、より被害が拡大してしまったようです。私が住んでいる地域では、地震よりも台風による倒木被害が目立ちましたね。震源地の厚真町は、自宅から約1時間、距離60kmくらいの所にある山村で・・・

ウォーキングから始めるダイエットなら誰でもムリなく痩せられる

ダイエット速報

これからダイエットをと考えてるなら、こちらの記事を読まなきゃ損ですよ! 〇〇制限などのストレスの大きいダイエットでは挫折やリバウンド。気持ち良く歩くことを目的としたウォーキングならストレス発散して痩せれます。痩せやすく太りにくい体質へと改善して、ちょっとやそっとじゃ太らないカラダに!「これからダイエットを始める方へ」「ウォーキングは良いことづくめ」「新陳代謝をアップさせる」「基礎代謝をアップさせる」「GI値を意識して食べる」「ダイエットに有効な距離・時間」「ウォーキングは腸内環境を整える」

プッシュアップ30日間ダイエットチャレンジ

ダイエット日記

プッシュアップ30日間ダイエットチャレンジ:腕立て伏せを行うメリットはもちろんダイエットにつながるんですが、腕立て伏せでは腕や胸の筋肉の他にも肩や首、背筋・腹筋、腰や太もも、インナーマッスルも鍛えられます。加えて、30日間続けることでダイエット意識が高まり習慣化することが出来、いつでも痩せられるという自信が付くのでストレスフリーでケーキやラーメンが食べられるようになります。最初から完璧を目指さず、緩く実践していきましょうねー「プッシュアップ・チャレンジとは」「腕立て伏せを行うメリット」「プッシュアップの方法」「効率を求めてはいけない」「30日間ダイエットチャレンジの理由」「サプリとプロテインで補充」「もし習慣化できたら」

低糖質ダイエットのキモは糖新生を知ることだった

ダイエットテク

「低糖質ダイエットに不向きな人」をヒトコトで言うなら「ストレス過多の人」。腎臓や肝臓の調子が悪いとか糖尿病の人もアウト。ストレスにより内臓機能が低下してしまうから負担のかかるダイエットが出来ない。ストレスがあるから太りやすくストレスの所為で痩せにくい。低糖質ダイエットとは糖質量を抑えて血液中の糖分を少なめに保つことで余分な脂肪を燃焼させる方法。糖新生とは肝臓はタンパク質から糖質を作り出し血糖値を一定に保とうとします。「低糖質ダイエットに不向きな人」「糖新生を理解し脂肪を燃焼させる」「摂取カロリーよりもバランスが重要」「リスクの高い植物油より動物油を選ぶ」「腸内環境を整えて太りにくいカラダに」

正しい低糖質ダイエットはゆるゆるダイエットだった!

ダイエットテク

正しい低糖質ダイエットはゆるゆるダイエットだった!:糖質制限ダイエットは危険ですが正しい低糖質ダイエットは効果的で健康的なダイエット方法です。美容や健康に影響を与えることなくしっかり痩せられリバウンドしない低糖質ダイエット。今回は要望が多かったこの方法をお伝えします。この方法は「食べながら痩せる」ので身体と心に無理が生じません。「糖質制限ダイエットは危険だが」「正しい低糖質ダイエットとは」「低糖質ダイエットの考え方と方法」「食べる順番が大事」「空腹感を減らすコツ」「食べ過ぎを抑えるコツ」「太る飲み物は制限すべし」「果物の食べ過ぎに要注意」「脂質抜きダイエットは危険だらけ」「腸活でダイエットをサポート」「満足食を食べて痩せる」

恐怖の糖質制限ダイエットに迫る!

要注意ダイエット

恐怖の糖質制限ダイエットに迫る!:糖質制限ダイエットは命を削るダイエット方法です。糖質を制限することで起こる様々な危険について解説すると共に、安全に健康的に痩せる方法を紹介します。「超危険なダイエット方法」「そもそも糖質って何なの?」「老化が激しく進むリスク」「糖尿病を誘発するリスク」「脳梗塞や心筋梗塞などのリスク」「高血圧になるリスク」「記憶力低下や痴呆症のリスク」「それじゃどうしたらイイの?」

ダイエットを継続させ成功させるポイント

ダイエットテク

ダイエットを継続させ成功させるポイント:ダイエットの成功率は10~30%くらいと言われていて、継続できても糖質制限などの誤ったダイエット方法によりリバウンド、失敗・挫折される方が大半を占めています。ここでは、正しいお金をかけずにデキル健康的なダイエット方法と目標設定の方法についてお話しします。「続ければ痩せられるダイエット」「失敗する理由トップ5」「実現可能な目標とイメージ」「現状を客観的に観る」「無理な目標を立てない」「目標の通過点を祝う」「無理のない方法を選ぶ」「なぜ目標を達成したいのか」

ランニングマシンやエアバイクは痩せにくくなる

ダイエットテク

ランニングマシンやエアバイクは痩せにくくなる:エアバイクやランニングマシンを使った運動は有酸素運動でカロリー消費には向いていません。また、こうした有酸素運動はダイエットに不向きで、痩せにくくなってしまうのです。ダイエットに適した運動は無酸素運動の筋力トレーニングでジムに通わなくても自宅で短時間のトレーニングで痩せるための筋肉を鍛えられます。「マラソン選手は痩せている」「ランニングマシンやエアバイクは非効率的」「有酸素運動を続けると太りやすくなる理由」「燃費の悪い筋肉を増やせば太りにくい」「ジムに通わなくても痩せられる」「効率的に筋肉を増やす裏技」

食べながら痩せる為の7つのポイント

ダイエットテク

食べながら痩せる為の7つのポイント:仕事が忙しいと「食べれるときに食べておかなきゃ」と食事を栄養補給としか考えていないと、食生活が乱れ偏食し間食の量も増えるので太って当たり前の状態になります。逆に食事を楽しむように心がけるだけでも痩せやすい食事に変わっていくのです。ここでは食べながら痩せるための7つのポイントについて説明します。「最近、1.5kg太りました」「小さくゆっくり食べる」「GI値を意識して食べる」「カラダを温める料理にする」「筋肉量を増やして代謝量を増やす」「腸内フローラを整えて痩せる」「脂質を摂ってセルライトを減らす」「満足食を食べて痩せる」

リバウンドの原因とリバウンドを回避する7つの方法

ダイエットテク

リバウンドの原因とリバウンドを回避する7つの方法:絶対にリバウンドすると言われる断食後もリバウンド0の筆者が語る、リバウンドの原因と7つの回避方法。やってはいけない必ずリバウンドするダイエット方法や注意点などのほか、痩せやすく太りにくい体作りのポイントまで。「ダイエットの停滞期」「停滞期を避けるには」「なぜリバウンドするのか」「心地よいストレスを感じる」「体に負担をかけないダイエットをする」「身体を温めて代謝を増やす」「ゆっくり確実に痩せる」「タンパク質をしっかり摂る」「筋肉を維持・増量させる」「腸内フローラを整える」

ダイエットがメンドクサイ、さぼりがちなダイエット

ダイエット日記

ダイエットがメンドクサイ こんにちは ダイエッター・クエストです。 私のダイエット熱は、 かなりムラがありまして 【なんにもしたくない】 という状態がたまに訪れます。 正月太り解消のために、ちょっと 筋トレやストレッチしてただけですが もうやる気にならなくなっちゃってます。 私だけじゃないですよね?? 運動をサボる、めいっぱい食べる、 しかも感触のおやつまでたくさん、 という生活がここ3週間くらい続き 体重計に乗って記録を見ると・・・ ・ ・ ・ ・ ・ 1キロまでは増えてませんでしたが ゆっくりとした右肩上がりのグラフで このまま放置するとデブまっしぐらです。。 私のダイエットのモチベーションは、

ページの先頭へ

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss