キャンプ用の寝具にベストなものを見つけた!


キャンプすると朝がつらい

キャンプシーズン到来ですねーーー!

夏休みと言えば
『海』か『キャンプ』だよねー(^o^)

海でキャンプする時、
砂地でテントを張れば寝る分には良いですが
砂地用のペグと重しになるものが必要です。
 (風で飛ばされちゃうからね)

さらに、テント内に砂が入るので
後片付けや手入れがメンドウなんですよね。

なので、草が生えているような場所に
テントを張るのが面倒が少ないんです。

車に荷物を積み込む時も、
草地なら砂まみれにならずに済むしさ。

・・・でも、地面が固いので寝る時の
マットレスなどを選ぶんですよねぇ

そこで今まで、目に付いた商品を
次から次へと買っては試していました。

釣りなどで一人でキャンプする時なら、
『コット』を使うのが最高なんです。が、

コット

子供連れでとなると、テント内に3つ
コットを並べて使うのまずムリです。

幅が狭いので並べられるんですけど、
壁にくっつけると夜露で濡れちゃうし
小さい子供がいると不便でなりません。

コットは大人が1人で使うモノなんです。

それと、コットも種類が多くて
ミリタリー系のコット以外は
使えないものばかりでした。。

そこで、愛車をキャンピングカーに改造して
8ナンバーを獲るほどキャンプが大好きな私が
自分のカラダとサイフを痛めつけて見つけた
キャンプ用のベストオブ寝具を教えます♪


取り敢えず銀マットが定番

荷物の大小に拘わらず必須なのが
テント内に銀マット敷きですよね?

そしてその上に何を敷くかです。

その上にいきなり寝袋だと、
翌朝、確実に体中が痛いです(笑)

そこでエアマットを買うと思いますが、
薄手のものは多少、効果を感じられます。

厚さ30cmくらいの厚手のマットは、
空気圧次第で寝心地が変わります。

ちょっと空気が抜け気味がちょうど。

しかしこれより空気が抜けると、
沈み込みすぎて体中が痛くなります。

空気を入れるのも大変だし、
空気を抜いて畳むのも大変。。

自作キャンピングカー仲間での結論は、
普通に『敷き布団』を使うことでした。

これマジ、最高です!

いろんなキャンプ用寝具よりも
布団を持っていくのがベストです。

しかし、ファミリーカーに布団を積んだら
他のモノはほとんど積めないですから
犠牲になることが多すぎるんですよね。

犠牲にしたくないので、車を改造したり
トレーラーを作ったりしてるんですけど、
普通の人はそこまでしませんから(^_^;


ベターな解決策を発見!

マットレスは厚くて嵩張るので、
寝具関係でいろいろ探してたんですね。

キャンプ用品には無いのは知ってるので。

そうすると、『トッパー』という
マットレスの上に敷くものを見つけました。

ようするに、寝心地を劇的に
安い価格で改善する手段として
海外などで使われているモノです。

この動画で使われているマットレスの
トッパーが私が見つけたベストな商品です。

10分ちょっとの動画なので、
オモシロおかしく見てくださいな。

この動画内での説明にあるように
低反発と高反発の二層構造なので、
寝心地がイインデスよね。

そしてキャンプに大事なポイントが
収納しやすく、テントに収まるサイズ。

一般的な4人用テントのサイズって、
240cm~300cmくらいになるんですね。

これで大人4人は寝ないと思います、
大人2人に子供2人が使うサイズです。

これに普通のシングルサイズだと、
3つ敷いたら、ほぼ余裕がありません。

靴やクーラーボックス、手荷物や
着替えなどの入ったバッグ類など
寝る場所に置いておきたいです。

北海道でのキャンプの場合は、
暖房用のヒーターも使ったりします。

こちらのトッパーには、
「セミシングル:幅80cm」があるんですよ。

これだと並べて敷くと余裕があるんです。
壁際に敷かなくても済むので濡れません。

ちなみにココで買いました↓↓↓

『エムリリー:トッパー』

厚さは、3cmと5cmの2種類あって
できれば厚い方を選ぶのが良いですよ。

キャンプしない時も普通に使えますからね。

本体を百均で買ったベルトで丸めれば、
布団のために諦めていたオモチャとか
キャンプを楽しむモノが積めたので
一石二鳥で大満足です(^o^)

これが無かった時は、こんな感じ


それがこんな風に変わります↓↓↓

体中が痛いとか、よく眠れなかった、
ってなコトがあると、せっかくの
キャンプも楽しさ半減ですもん。

PS:これ普段も使ってるんですが、
通気性が良いのでヒンヤリ感があり
蒸し暑くて寝苦しい夜にも最高でした。


それではまた♪

 

あなたを太らせるお菓子が子供達の命を救います

あなたも幸せダイエットをしませんか?