見直される健康食と40年前の日本食の効果と検証結果

年末が見えてきましたね

こんにちは、
ダイエッター・クエストです。


最近、更新間隔が開いてしまってます(^_^;

更新間隔が開いてしまうってコトは、
ダイエット熱が冷めてきたからだ!

といわれても仕方がない状況ですが、
決してダイエットを辞めたわけではありませんよ!

11月になれば、ほとんどの人は
年末・年始に向けての仕事で忙しいでしょ?

自由な仕事の私も、それなりに忙しいっす、
というか、働かないと正月を迎えられないし(笑)


働き過ぎのあなたへ

本題に入る前に、働き過ぎで疲れが溜まってる人へ。

疲れが溜まってくると、
集中力が下がって効率も落ちます。

いつもなら、1時間で終わる仕事が
3時間以上もかかってしまったり・・・

こういう時は思い切って休みを創るのがイチバン!

とは言え、そうそう休めないんですよねぇ
そういう時には他のことでリフレッシュしましょう。

例えば、近場の温泉に行ったり岩盤浴したり、
スポーツで汗を流してみたりするとかね。

カラダに良いモノを食べるのも良いし、
めっちゃオイシイモノを食べるのも有りです。

ここで紹介するのは初めてですが、
私のメルマガで18回目のプレゼント企画してます。

今回は『北海道産:生干ししゃも』です。
プレゼントする前に自分用に買いました♪

興味のある方は、メルマガに登録してねー

『クエスト通信:登録フォーム』


健康に対する意識の高まり

テレビやネットで話題になること、
注目されやすい話題というのが『健康』ですよね?

これは、『マズローの欲求5段階』でいう
『自己実現欲求』を叶えるための高次な欲求を
今の日本人の多くが求めている状態なんですね。

マズローの欲求5段階

悩みの多くは『健康』と『承認欲求』で、
ストレスの原因の多くも『承認欲求』です。

下位にある『安全欲求』とは、
まるで求めているレベルが違い、
質の高い生活を求めています。

『ちょっと高くても、国産の野菜を買う』とか、
肉・魚にしても、コーヒーにしても、
1ランク上の商品を選ぶのもそう。

あまり景気は良くないし、
物価も上がっているんだけど、
生活水準も上がっているんですね。

だから『健康』に敏感に反応するのです。

バブルの頃なんて健康よりも仕事でしたからね。

『24時間働けますか』なんてCMが、
ジャンジャン流れていた時代です(^_^;

でね、何が言いたいかというと、
欲求レベルが上がると、レベルを落とせないんです。

例えば、美味しいコーヒーを何度か飲んだら、
安くてイッパイ飲めるコーヒーには戻れないのね。

健康についても同じで、
ほんのちょっとしたことが気になり
病院に通ってしまう人が増えてるの。

でも、病院へ行くと『病気にされる』でしょ?

それよりも、毎日を楽しく生きる方が、
免疫が活性化して病気になりにくいし
ガンだって撃退してくれるんですよ。

なので、あまり気にしすぎるのは良くないですよ。


1975年当時の日本食

高度経済成長の真っ只中。

多くの家庭で食されていた一般的なメニューが、
いま、健康食として注目されています。

東北大学が行った実験がオモシロイので紹介しますね。

まずは、40年前の1975年当時のメニュー↓↓↓

40年前のメニューの5つの特徴↓↓↓

これをよく見ると、発酵系の調味料が使われていること、
食材が、大豆系食品や魚、海藻、キノコ、乳製品。

この辺りのモノって健康にもダイエットにも
良いモノばかりがズラッと並んでいるんですよね。

そう言われてみれば、この当時のメニューなら
しっかりダイエットできそうって判ります。

実際、この実験を4週間行ったところ、

BMI値や体重が減少した

悪玉コレステロールが減少した

糖尿病の危険性が減少した

腹囲周囲長が減少した

善玉コレステロールが増加した

ストレスが軽減された

運動能力が上昇した

【40年前の日本食で健康的に痩せられる】

ということが実証されたのでした。

40年前というと、私が小学生の頃で
第二次オイルショックの3年後。

確かにその頃は、そのような食事だった。

しかし、そのような食生活は続かなかったなぁ、
特に一人暮らしを始めてからは酷い有様だった(^_^;

欧米食がメインで、日本食は少なかった。

しかし不思議なモノで、断食の前後とかに
カラダが自然と求めたのは日本食だったんです。

カラダが、それを欲していたんですよ。

断食後、約3ヶ月は『酢大豆』を食べ続け、
味噌汁も欠かさずに飲んでいましたからね。

いまは、『良く噛む』ことを重点的にして
メニューや食材には拘っていません。

ただ『満足食を食べる』ことは心がけています。

たまに肉類が食べたくなったら、
肉だけを食べるようにもしてますね。

あとは『質の良い睡眠』がかなり効きますよ!

『寝るだけダイエットで楽に痩せる!』


それではまた♪

 

あなたを太らせるお菓子が子供達の命を救います

あなたも幸せダイエットをしませんか?